ほんのわずかな隙間でも侵入可能!難しいコウモリ駆除はプロに依頼

様々な菌を持つ

男女

日本に多く生息し、人間の住宅を好んで住処とするコウモリは、様々な病原菌の媒体となっている可能性があります。そのため、自力でコウモリ駆除をするよりも専門の業者に依頼した方が安全と言えるのです。例えば海外では、コウモリから狂犬病への感染が特に有名です。狂犬病とは人にも動物にも感染する病気のひとつで、感染した場合の致死率がほぼ100パーセントという恐ろしい病気です。また、アフリカで大流行したエボラ出血熱も、コウモリが感染源とされています。幸い日本国内では、コウモリが原因でこのような重篤な病気へ感染したという報告はまだありません。しかし海外での例があるように、日本にいるコウモリが感染源となる病気が確実にゼロであるとは言いきれません。さらに、元々は野生動物であるので病原菌に限らず、あらゆる菌を持っています。そのため、直接コウモリを触ったり糞尿に触れたりすることのないように注意する必要があるのです。まだ危険な病気への感染報告がないからといって、むやみに自分でコウモリ駆除をすることは避けた方がよいです。知識や経験がない人がコウモリ駆除をしようとすると、準備や対策が不十分になってしまう恐れがあるので、なるべくコウモリ駆除専門の業者に相談するようにしましょう。また、人だけではなく動物にとっても重篤な病気に感染する恐れがあるので、ペットを飼っている場合も注意が必要です。人も大切なペットも安全に生活するために、自宅付近でコウモリを見かけるようになったら早めにコウモリ駆除の相談をしましょう。